23

第2回政府交渉を実施しました!

2016年6月21日 参議院議員会館B104号室で、 第2回政府交渉を実施しました。 詳細な文字情報は、追って掲載します。 「原発事故を起こした責任を、政府としてどう考えるか」という質問に対しては、 政府側の出席者が回答 […]

01

第1回政府交渉(2016.3.9 於:参議院議員会館)概要報告

第1回政府交渉(2016.3.9 於:参議院議員会館)概要報告 (文責 事務局 宍戸俊則)  本会からの要望・質問の趣旨は要約すると以下の5点になる。 1 自主避難者(区域外避難者)に対する支援打ち切りをやめて、避難者の […]

01

第1回総会で承認された、新役員です。

2016年 4月23日(土) 「避難の権利」を求める全国避難者の会 第1回総会が実施されました まずは、総会で正式に承認された役員をお知らせします。 共同代表  中手聖一(北海道)・宇野朗子(京都) 役員 長谷川克己(静 […]

31

第1回政府交渉の記録 その9(この項目最終)

宇野共同代表:3番の質問に関して「人権としての避難の権利」という事についての回答がきちんと得られなかった。「支援地域の縮小の方向」という話も伺っているし、「新たに避難する必要はない」という表現は、「支援対象地域に住んでい […]

31

第1回政府交渉の記録 その8

(来場した、他の避難当事者からも発言希望があったので、話していただきました) 会場の避難当事者:私たちは、初期被曝も分からない。計測することを断られたから。既に、被曝は健康被害が出るギリギリの所まで来ているのではないかと […]

31

第1回政府交渉の記録 その7

回答⓺への追究  環境省への質問だが、先ほどの回答には数字(いつ、元の状態に戻せるのか・量など)が一切なかったので、数字を入れて答えてほしい。また、福島県内で各家庭の敷地内に「保管」されている除染廃棄物をどうするのかも答 […]

31

第1回政府交渉の記録 その6

追究:⓷と⓸について。なぜ、再推計しないのか、理由がわからない。再推計しないと、どの核種がどれだけ外部に出たのかわからないので、被曝量の推計ができない。さらに、子どもの甲状腺スクリーニング調査を、故意に1080人で止めた […]

31

第1回政府交渉の記録 その5

(以下、質問項目⓷~⓺については、既に予定していた時間を超過していたこともあり、まとめて回答を出してもらい、問題と感じる部分を本会側が追究する形になりました) ⓷ 昨年改定された原発事故子ども・被災者支援法基本方針で、支 […]

31

第1回政府交渉の記録 その4

SAFLAN福田弁護士の指摘:埼玉県で避難者の人数の数え違いがあった時に、平成26年8月4日に「避難者数調査における避難者の定義の留意事項」という項目が出されていると、社民党の吉田 忠智議員の質問主意書に対する答弁で記述 […]